発送・送料

発送用ダンボールの節約方法と考え方

f:id:rororororo:20170906214119j:plain

ぼくたちは、おろしの商品が多いので、発送をします。

で、よくダンボールを使うのですが、これがばかにならないのでこちらの節約方法と考え方について。
だって、一つ100円近くするんですよ。
これを3箱で発送したら300円…

これがかさむと大変です!

 

ポリシーなきダンボール作戦

ずばり言うと、一部のダンボールはスーパーで貰ったダンボールを使用しています。

その一部とは、業務用商品を送る場合

業務用でお店に、商品を発送するときは、スーパーでもらったダンボールに詰めさせてもらっています。
ちなみに、スーパーでもらうダンボールも一つだけルールを決めています。

それは

・生鮮食品のダンボールは使わない
これは衛生的な面を考えてのことです。
うちの商品はしっかり、シーラーされていますが、そこだけは守るようにしています。

なので、野菜、魚、肉などのダンボールは使っていません。
そうなると狙うは、おかしとなります

なので、カルビーの箱にうちのグラノーラを入れて送る・・なんてこともあります。

一般のお客様へ送る場合

こちらは、購入したダンボールを使用しています。
無地のものです。(ダンボールに商品シールを張ったりもします)

まとめ:節約できるところを考えましょう!

最初からすべてのことを、完璧にするのは大変なのでそのようにしています。
ダンボール本当に高いですからね。

 

同シリーズ、近日予告!

・発送方法クリックポストや宅急便(郵便局)について
・クリックポスト用のおすすめの箱
・内祝い、お土産用のおすすめの箱

ABOUT ME
ベーコン
ベーコン
ぴよみの夫です。 デザイナーをやっています。このブログにはたまに登場するよ。 著書はレイアウト・デザインの教科書(SBクリエイティブ)

本の断捨離は宅配買取が楽です。

楽なので愛用している本の買取サービスです。
ブックオフとの買取価格比較や、買取の手順などをまとめました!

↓こちらから見ることができます。
【リコマース体験談】買取額も公開!評判通りブックオフと比較にならないね!【口コミ】のの記事を見る